化粧水の付け方がアンチエイジングの秘訣

投稿者: | 12月 12, 2018

化粧水は洗顔後、肌の乾燥を防ぐために使用します。正しい付け方で美肌効果を得ましょう。間違った化粧水の付け方では肌を傷めてしまい逆効果。シワや大人ニキビ、毛穴詰まりの原因を招いてしまいます。正しい化粧水の付け方で肌を美しく生まれ変わらせましょう。

まずはお化粧をしっかりと落とします。化粧の落とし残りは化粧水の浸透の妨げとなるからです。またゴシゴシ洗顔もNGです。たっぷりの泡で優しく洗うことで毛穴の汚れもスッキリキレイに。キレイな肌は化粧水の浸透力を高めてくれます。

化粧をしっかりとOFF。キレイな手でコットンにたっぷりの化粧水を含ませ優しく肌にのせましょう。特に油の分泌が緩やかな目元部分は念入りに化粧水をのせましょう。肌がこれ以上化粧水が入らない程塗りこみます。

切れるコットンはおすすめです。三枚にわけ目元の下、おでこをパック。毛穴の開きが気になる方は鼻にパックする事もおすすめです。化粧水が肌に浸透するのは3分かかると言われています。3分~5分おいてから美容液や乳液をぬるようにしましょう。化粧水を塗った後は肌を手で触れないように注意しましょう。手はバイキンだらけ!肌に触るのは控えるようにしましょう。

たっぷりの化粧水で毛穴の開きを予防

毛穴はとても重要な役割を果たしています。肌代謝はもちろん、肌がキレイに生まれ変わるためにも毛穴がキレイでいなければ妨げとなるのです。そんな毛穴。開いてしまった場合は保湿で元に戻しましょう。化粧水でたっぷり保湿する事で毛穴は徐々に元の機能を取り戻します。毛穴をキレイにさせ保湿する事が大切です。

肌のバリア機能を高めるためにも乾燥は避けましょう。乾燥肌はもちろん、間違ったスキンケア方法でも乾燥肌になってしまいます。乾燥肌は肌トラブルの原因になるのです。敏感肌を招いたり吹き出物はもちろん、肌荒れの原因になってしまいます。乾燥を防ぐためにたっぷりの化粧水で保湿する事が重要なのです。

朝のスキンケアもたっぷりの化粧水で保湿しましょう。保湿すると化粧崩れが気になる…。という女性も多いでしょう。しかしたっぷりの保湿は逆に化粧がくずれにくいのです。崩れる原因は乳液や日焼け度目にあるかもしれません。

朝は洗顔後、夜と変わらずたっぷり化粧水で保湿してあげることで化粧崩れをカバーすることができます。その他化粧ノリも良くなるはずです。一日乾燥知らずの素肌に。美肌になるために朝、夜と化粧水でしっかりと保湿していきましょう。

自分にあった化粧水選び

あなたの肌質はどんなタイプですか?乾燥肌の方は化粧水は高保湿タイプを。オイリー肌にはさっぱりタイプの化粧水を使用するようにしましょう。また季節によって変えてみるのも良いでしょう。敏感肌の方は敏感肌用を。しかし敏感肌は肌に潤いを与えバリア機能を高めることで改善できます。毎日化粧水で保湿を頑張る事で敏感肌の改善へと繋がるのです。

 

実際私は敏感肌、乾燥肌に悩んでいました。ファンデーションで肌は荒れ、化粧水でもヒリヒリと痛み出したのです。冬の事でした。敏感肌用の化粧水を塗っても痛く皮膚科へ行くと肌が乾燥して何を付けてもNGとのことでした。

そこで試したのが水洗顔です。朝は水のみで顔を洗います。化粧水は使用しません。日中も化粧はせず一週間頑張りました。すると敏感肌は解消。肌も潤いを取り戻しました。それからは乾燥しないようにしっかりと化粧水で保湿するように心がけました。それプラス使用したのが導入液として使用したスクワランオイルです。

化粧水の浸透力を助け潤いを増してくれる効果を得ることができます。半年で敏感肌と乾燥肌を克服することができました。それからは夏でもパックを定期的に欠かさず、乾燥しないように心がけています。
美肌になるために、肌を健康的に保つために、保湿はとても重要なのだと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です