化粧水の正しい使い方を教えて

女性の美容に対しての意識は高くて化粧品を使う女性が圧倒的に多いです。特に化粧水はスキンケアの基本中の基本とも言えるものです。ここではそんな化粧水に関しての基礎知識を見ていく事にしましょう。

つけて心地いいアイテム

化粧水は肌をしなやかにして潤いを与えてくれますし、キュッと肌を引き締める働きを期待できます。みずみずしくなり心地よく使う事ができて、気分が良くなるアイテムでもあります。

化粧水は進化を続けて保湿効果をグングンと高めていますし、美白効果をプラスしたもの、余分な皮脂を抑えながらも美白効果を加えたものなど、いろいろなタイプが売られています。

つまりは個性がいろいろあるのです。したがって自分の肌質のみならず、自分の感性にも合う一品を吟味して探しましょう。例えば香りが負担にならない肌なら、自分が好きな香りの化粧水を朝と夜で使い分けるのもいいです。

脂質な肌ならクールな使い心地で気分もキリっと引き締めてくれるような化粧水を使うのもいいでしょう。

肌に優しく染み込ませるように使う

化粧水は爽快感がある化粧品という事もあり、動作についつい勢いをつけてしまいがちです。ですが重要な事は優しく浸透させる事です。コットンの場合なら質のいい大きめの物を用いて化粧水をたっぷりと使います。

裏の指が透けて見える程度まで含ませましょう。そのコットンをまず乾燥しやすい頬のあたりに置いて、ゆっくりと押さえるように顔全体に化粧水を馴染ませていきます。もっと潤いが欲しい時にはこれを繰り返します。

そしてTゾーンなどの皮脂の分泌が多い部分は軽くパッティングしましょう。フェイスラインも軽く上に引き上げるようにパッティングするとたるみを防ぐ効果もあります。最後に首から胸元にかけて上から下に向かって軽く拭き取ればいいです。以上のステップを踏むためにはコットンは2枚から3枚程度あると心地よく行う事ができます。化粧水はケチる事なくたっぷりと利用しましょう。

量が少な過ぎるとみずみずしさを得る事ができないです。また、コットンの繊維が肌を傷つける事もあります。それから手で付ける場合でもたっぷりと手に取って押さえるようにして馴染ませていきましょう。

パンパンと強く叩くようにしては毛細血管が切れてしまいますので、気を付けましょう。他にも毛穴の開きやテカリが心配な人は皮膚の温度が上がる春から夏にかけては化粧水を冷蔵で冷やしてから使うのもいいでしょう。

アトピー肌の人にお勧めの化粧水2選

アトピーの人は普通の人にはない苦労があります。痒くて夜も寝る事ができない、肌を露出する服を着る事ができないなど。他にも化粧品を選ぶ時に苦労する事があります。ではアトピー肌の人に適した化粧水はどんなものがあるのでしょうか。

バラの化粧水で香りも楽しめる

バラに含まれる成分は炎症、皮膚病、呼吸器系のアレルギーなどに有効であると言われています。このような効果の元になるのはそもそもバラをはじめ植物には、自らの体内に太陽の光で起こる害に対抗できる活性酸素除去酵素や、虫の害に対しての殺菌力を持っている事が大きく関係します。

これらの成分は人間の体に薬効があるのです。今ではバラには抗アレルギー作用がある事も分かっています。その事からアトピー性皮膚炎をはじめ痒み改善にも効果を期待できます。

加えてバラの成分に含まれている強い殺菌力がシミやシワなどの老化の原因になる活性酸素を取り除いて色白の肌を作り出します。炎症を抑える作用が強い事から日焼けし後のほてりを抑えるためにも活用できます。

バラのエキスを利用する化粧水はアトピーや肌荒れにも有効ですし、匂いを嗅ぐ事によってストレスを緩和できる癒しの効果もあります。

よもぎ化粧水で総合的な美肌作り

よもぎは古くから食用として重宝されてきました。また薬用としても親しまれてきたのです。それにお灸の原料にも利用されています。そんなよもぎの薬効を利用し、アトピー性皮膚炎の炎症を抑える効果があるよもぎ化粧水もあります。

よもぎにはクロロフィルと呼ばれる成分が入っていますが、煎じて飲めば癌の発生や進行を抑制する事ができます。これはクロロフィルが癌細胞を抑制するインターフェロンと言われる物質を体内で増加させるためと考えられています。

このクロロフィルは高い殺菌力と抗アレルギー効果を持ち、新陳代謝も促す作用があります。この事から肌に塗る事で肌を弱酸性に保ちトラブルのない肌に導いてくれます。保湿力も高くて、乾燥による肌の痒みやアトピー性皮膚炎の改善にも効果的に働きます。

またよもぎ化粧水は天然成分でできている事から、全身のどこでも使う事ができます。消炎効果により日焼けによるほてりをすばやく静めて、紫外線によるシミやくすみが発生する事を予防する作用もあります。アトピー肌の人は普通の化粧水は使いにくい事もあるので、バラの化粧水やよもぎの化粧水を検討してみてはいかがでしょうか。

敏感肌の人でも合う化粧水おすすめ2選

自分に合う化粧水を見つける事はなかなか大変です。肌がかぶれたり、痒みが出たりして合わない化粧品もあります。そこで敏感肌の人にも合う化粧水を紹介します。

どくだみ化粧水

古くから日本人が利用してきた薬草がどくだみです。様々な薬効を持つ事から十薬などと形容されるほどです。全国的に見る事ができる草でとても身近な植物でしょう。どくだみの利用方法としてよく知られているのは、煎じて飲む事です。

どくだみの薬効が最も強く出るのは5月から6月の花が咲いている時期のものと言われていて、この時期の生薬を乾燥させてお茶にして飲むのがよく知られています。このように飲む事でも健康効果がありますが、皮膚に付けても効果的なのです。昔は毒出しなどと呼ばれて虫に刺された時などにもんだ葉を付けて痒みや痛みを抑えていましたが、このような作用はドクダミに含まれるクエルシトリンという成分が働くからです。

クエルシトリンには抗炎症効果があり傷や腫れを治す事を早めてくれます。ニキビなども皮膚に起きている炎症ですから、同じような効果を得る事が可能です。またどくだみと言えば独特の臭いを想像する人もいますが、この臭いの元になっているのはデカノイルアセルデヒドでこの成分には菌を倒す作用があります。

アトピー性皮膚炎などが悪化すれば細菌感染を起こして症状がさらに悪くなり、痒みが増えてしまいます。デカノイルアセトアルデヒドには殺菌の増殖を抑制できる効果があるので、炎症の治まりを早めてくれます。

にんにく化粧水

にんにくにはいろいろな薬効があります。例えば独特の匂いの元になるアリシンと呼ばれる成分には強い抗菌作用や抗ウイルス効果があります。それにスコルジニンという物質は新陳代謝を促したり、アリシンとの相乗効果により免疫力や体力を増やす事ができると言われています。

敏感肌で自分に合う化粧水が見つからない人はにんにく化粧水がお勧めです。先に説明したアシリンには抗菌効果、抗酸化作用があり肌を健康的で衛生的に保ちます。それににんにくの成分は皮膚のたんぱく質との親和性が高くて、肌に良い成分であるとともに肌に浸透する事で血の巡りを活性化して、皮膚の代謝もアップします。

代謝が向上するという事は肌の老廃物を少しずつ追い出す事ができるので、使い続けるほどに美肌作用を期待できると言えるでしょう。敏感肌で自分に合う化粧水を見つける事ができていない人はどくだみ化粧水やにんにく化粧水が合うかもしれませんよ。

美肌に必要不可欠である化粧水

潤いがありハリもある健康的で美しい肌を保つためにはしっかりと肌を保湿してあげることが重要ですが潤いがありハリもある肌を保つためには化粧水でしっかりと肌を保湿してあげることが必要になります。肌の表面の皮膚はとても薄くデリケートなため、しっかりとスキンケア用品で保湿してあげないと乾燥して艶もハリもなくくすんだ肌になってしまうので潤いのある肌にするためにはスキンケア用品の中でも化粧水でしっかりと肌の奥まで水分を補給してあげることが必要です。肌の乾燥の原因は水分不足が大きな原因になっており化粧水の量が足りていなかったり肌の内部まで化粧水が浸透していないと肌の乾燥以外もしわやたるみ、くすみの原因になっていきます。そして十分すぎるほど化粧水を肌の奥まで浸透させた肌は潤いはもちろん、艶もハリもあるふっくらと女性らしい柔らかな肌になります。しかし忙しいときに化粧水を肌の奥まで浸透させることは時間的に難しかしい時もあるのでそんな時は化粧水のパックを作り十分に肌に化粧水の成分を浸透させてあげましょう。パックは顔にはりつけておくだけで化粧水が浸透していくのでパックをしている間に他のことを行うことができるのでとても便利な美容アイテムであり化粧水のパックは市販でもたくさん販売されており自分の化粧水を使ってパックを作ることもできるのでお好みで使用することもできます。また、とても疲れたときや肌の状態が良くない時には一枚売りで販売されている化粧水の高級パックを使用すると高額なパックは肌に良い成分がたくさん含まれているので肌の状態を早く回復することができるので肌や自分へのご褒美として高額なパックを時々使用することもお勧めです。化粧水のパックは長時間、顔にはっておくとせっかく肌に含ませた化粧水の成分がどんどん乾燥してしまうんで化粧水のパックは長くても5分程度で終了ししっかりと水分補給された肌に乳液やクリームを使ってさらに保湿をしてあげましょう。化粧水はスキンケアの中でも肌になじませるのに時間がかかり忙しい時や疲れてるときには面倒に感じることもありますが潤いがあるに肌を保つためには化粧水をしっかりと肌に浸透させることは必要不可欠なので時間がない、面倒だと思った時には化粧水のパックを使用したり更に肌に化粧水を浸透させてあげたい時は化粧水を肌につけた後に手で顔全体を抑え手の熱で肌に浸透してあげるとより肌内部まで化粧水がいきわたっていきます。美肌のために大切な化粧水を上手に使用して潤いも艶もハリもあるような肌を目指しましょう。