化粧水の正しい使い方を教えて

女性の美容に対しての意識は高くて化粧品を使う女性が圧倒的に多いです。特に化粧水はスキンケアの基本中の基本とも言えるものです。ここではそんな化粧水に関しての基礎知識を見ていく事にしましょう。

つけて心地いいアイテム

化粧水は肌をしなやかにして潤いを与えてくれますし、キュッと肌を引き締める働きを期待できます。みずみずしくなり心地よく使う事ができて、気分が良くなるアイテムでもあります。

化粧水は進化を続けて保湿効果をグングンと高めていますし、美白効果をプラスしたもの、余分な皮脂を抑えながらも美白効果を加えたものなど、いろいろなタイプが売られています。

つまりは個性がいろいろあるのです。したがって自分の肌質のみならず、自分の感性にも合う一品を吟味して探しましょう。例えば香りが負担にならない肌なら、自分が好きな香りの化粧水を朝と夜で使い分けるのもいいです。

脂質な肌ならクールな使い心地で気分もキリっと引き締めてくれるような化粧水を使うのもいいでしょう。

肌に優しく染み込ませるように使う

化粧水は爽快感がある化粧品という事もあり、動作についつい勢いをつけてしまいがちです。ですが重要な事は優しく浸透させる事です。コットンの場合なら質のいい大きめの物を用いて化粧水をたっぷりと使います。

裏の指が透けて見える程度まで含ませましょう。そのコットンをまず乾燥しやすい頬のあたりに置いて、ゆっくりと押さえるように顔全体に化粧水を馴染ませていきます。もっと潤いが欲しい時にはこれを繰り返します。

そしてTゾーンなどの皮脂の分泌が多い部分は軽くパッティングしましょう。フェイスラインも軽く上に引き上げるようにパッティングするとたるみを防ぐ効果もあります。最後に首から胸元にかけて上から下に向かって軽く拭き取ればいいです。以上のステップを踏むためにはコットンは2枚から3枚程度あると心地よく行う事ができます。化粧水はケチる事なくたっぷりと利用しましょう。

量が少な過ぎるとみずみずしさを得る事ができないです。また、コットンの繊維が肌を傷つける事もあります。それから手で付ける場合でもたっぷりと手に取って押さえるようにして馴染ませていきましょう。

パンパンと強く叩くようにしては毛細血管が切れてしまいますので、気を付けましょう。他にも毛穴の開きやテカリが心配な人は皮膚の温度が上がる春から夏にかけては化粧水を冷蔵で冷やしてから使うのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です