敏感肌の人でも合う化粧水おすすめ2選

自分に合う化粧水を見つける事はなかなか大変です。肌がかぶれたり、痒みが出たりして合わない化粧品もあります。そこで敏感肌の人にも合う化粧水を紹介します。

どくだみ化粧水

古くから日本人が利用してきた薬草がどくだみです。様々な薬効を持つ事から十薬などと形容されるほどです。全国的に見る事ができる草でとても身近な植物でしょう。どくだみの利用方法としてよく知られているのは、煎じて飲む事です。

どくだみの薬効が最も強く出るのは5月から6月の花が咲いている時期のものと言われていて、この時期の生薬を乾燥させてお茶にして飲むのがよく知られています。このように飲む事でも健康効果がありますが、皮膚に付けても効果的なのです。昔は毒出しなどと呼ばれて虫に刺された時などにもんだ葉を付けて痒みや痛みを抑えていましたが、このような作用はドクダミに含まれるクエルシトリンという成分が働くからです。

クエルシトリンには抗炎症効果があり傷や腫れを治す事を早めてくれます。ニキビなども皮膚に起きている炎症ですから、同じような効果を得る事が可能です。またどくだみと言えば独特の臭いを想像する人もいますが、この臭いの元になっているのはデカノイルアセルデヒドでこの成分には菌を倒す作用があります。

アトピー性皮膚炎などが悪化すれば細菌感染を起こして症状がさらに悪くなり、痒みが増えてしまいます。デカノイルアセトアルデヒドには殺菌の増殖を抑制できる効果があるので、炎症の治まりを早めてくれます。

にんにく化粧水

にんにくにはいろいろな薬効があります。例えば独特の匂いの元になるアリシンと呼ばれる成分には強い抗菌作用や抗ウイルス効果があります。それにスコルジニンという物質は新陳代謝を促したり、アリシンとの相乗効果により免疫力や体力を増やす事ができると言われています。

敏感肌で自分に合う化粧水が見つからない人はにんにく化粧水がお勧めです。先に説明したアシリンには抗菌効果、抗酸化作用があり肌を健康的で衛生的に保ちます。それににんにくの成分は皮膚のたんぱく質との親和性が高くて、肌に良い成分であるとともに肌に浸透する事で血の巡りを活性化して、皮膚の代謝もアップします。

代謝が向上するという事は肌の老廃物を少しずつ追い出す事ができるので、使い続けるほどに美肌作用を期待できると言えるでしょう。敏感肌で自分に合う化粧水を見つける事ができていない人はどくだみ化粧水やにんにく化粧水が合うかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です